人妻でも風俗で働きたい人のために

キャバクラ・スナック・パブ・ファッションヘルス・ピンクサロン・性感マッサージ・ホテヘル・デリヘル・イメクラ・SMクラブ・ソープランド…。日本にはあらゆるジャンルの風俗店やクラブが存在しています。
週末の夜には繁華街を中心に大勢の男性が女性を求めてそういったお店に集まり、大量のお金やお酒が湯水のように流れています。どこのお店もネオン鮮やかな看板でお客さんを惹きつけ、魅力的なホームページを作ってお店の宣伝をしています。当然の事ですが、お店があってお客さんが来るという事は、お客さんの相手をする女性もそれだけ沢山居るという事です。

人妻風俗のお給料の相場

一般的にお水の仕事や風俗の仕事は、お給料の高い仕事として認識されています。例えば女性の新卒の初任給と言えば、会社にもよりますが多くても20万円程度です。ボーナスを含めての年収で見たら300万円に満たないケースが大半です。

人妻風俗で稼ぐ

もしくは人妻がパートで働くケースなら、時給は1,000円を切る場合がほとんどです。ですが人妻、または熟女でも働ける人妻風俗の仕事はどうでしょうか。ほとんどの所が基本給プラス歩合制ですが、働く女性のスタート時給は2,000円~5,000円、月の給料で見ても7桁超えている人妻は山ほど居ます。そういった高額なお給料を貰える事を夢見て、多くの熟女や奥様方が人妻風俗求人サイトや求人情報誌を見て応募してくるのです。

人妻風俗で働くリスク

どの業界でも同じことが言えますが、高い給料を貰うという事は、それなりにリスクやデメリットあるという事です。
世の中には上手い話なんてありません。仕事もそれなりにキツイ事は言うまでもありませんし、働き始めれば誰でも稼げるというものでもありません。給料面で魅力的だからと言ってこの業界で仕事を始める女性は沢山いますが、稼げないままに辞めていく人妻もたくさん居ます。働いている中で体を壊してしまったり、精神的に病にかかってしまう人も居ます。

人妻ですので、大半は副業のアルバイト感覚でやっている人だと思いますが、中には軽い気持ちで人妻風俗で働いた結果、人妻風俗の仕事一本で生きていく人もいます。どんなスタイルで働くにしろ、大切なのはメリハリです。

人妻風俗で働く前に

当たり前のことですが、人妻風俗嬢は世間や旦那には風俗店で働いている事を隠している人が大半でしょう。もちろん風営法に基づいた合法な仕事であるとはいえ、一般的にそういった業種の仕事は世間から白い目で見られる仕事です。風俗やお水で働いている事が知れて、旦那さんに捨てられてしまった人、家族の縁を切られてしまった人など、たくさん居ます。それでもどうしてもお金が必要で、そういった仕事に就く人は後を絶ちません。もちろん悪い事では無いのですが、働く前に最低限覚えておいた方が良い事が多々あるのも事実です。

人妻風俗で働く前に

風俗やお水の世界で働くと、お金の面、健康の面、人付き合い等、苦労する事が多々あります。深夜に働くクラブのママも、男性とお風呂に入るのが仕事であるソープ嬢も、人妻デリへル嬢としてラブホテルや男性客の自宅で働く既婚者も一緒です。それはきっと、一般企業で働いている女性よりも何倍も大変かもしれません。

人妻風俗で働く前にそれなりの予備知識を持っておいた方が良いんです。
具体的に何を気をつけたら良いのか、本当に人妻風俗で働いて良いのか、実際に働いている人はどういう気持ちなのか。
そういった人妻風俗情報を解説していきたいと思います。これからお水や風俗の世界で働こうと考えている人は、是非とも参考にしてみてください。