デリヘルでのお仕事

 カテゴリー: 仕事の注意点

現代の風俗社会の中でもっとも需要があるのがデリヘルです。男性客の自宅やラブホテルまで出向き、性的なサービスをするのがデリバリーヘルス、通称デリヘルです。デリヘル嬢の仕事はほぼ24時間の中から好きなだけ働く事ができます。時給制の所もあれば、1本当たりの取り分が決められている所もあります。その他にオプション(追加プレイ)の料金も全額あるいは半分以上は貰える仕組みになっています。

デリヘル嬢の仕事の給料は、自分の頑張り次第です。頑張ってサービスをして自分のお客さんを増やしていけば、その分だけお給料は増えます。今はデリヘルの宣伝は基本的にはネットなので、ネット上に自分の顔写真やプロフィールを充実させれば指名は自ずと増えます。最近はネットでリアルタイムの出勤状況を確認できるシステムを導入しているお店がほとんどですので、出勤すればした分だけ自分のお客さんを獲得できる可能性は上がります。1日3本こなせれば、日給で30.000円前後。5本なら50.000円前後。プラスお店から待機時間の時給が出る場合もあります。給料形態はお店によって様々なので、面接時に良く確認しましょう。

デリヘルで働くにあたっても苦労する事は山ほどあります。
・常に病気のリスクがついて回る。マメな検査は必須
・身内にバレるリスクも常に隣り合わせ
・嫌なお客さんでも笑顔で対応しなくてはいけない
・部屋やお風呂が汚いお客さんでも我慢しなければならない
・完全にお客さんと二人きりになる事の苦痛
・お店との連携が上手くいかない

など、高いお給料を貰ってるからこその苦労は絶えません。自由に時間を使えるという点ではキャバクラや店舗型風俗よりは良いかもしれませんが、それでも自己管理が大変である事に変わりはありません。デリヘルで働いているにも関わらず、普通のOL以下のお給料しか稼げてない人も沢山います。人妻の需要があるデリヘルの世界とは言え、せっかく自分の体で稼いでいるのですから、それなりの見返りは得たいものですね。