面接~体験入店

 カテゴリー: 風俗の知識

風俗の場合でもお水の場合でも、働き始める前には必ず面接があるはずです。ネットや口コミ情報で聞いただけでは解らない事も面接で聞けるはずです。未経験者にとっては未知の領域である事は間違いないでしょうが、ココは本当に働くかどうかの最終判断をする場面です。あるいは実際に仕事の雰囲気を味わってから正式に働くかどうか決める、いわゆる体験入店もあります。

未経験者にとってはお水の業界も風俗業界も何も解らなくて普通だと思います。体験入店では実際の仕事の状況がどんな感じなのかを味わう事ができますので、何事も経験という事でやってみましょう。自分の想像と違ったり、やっぱり無理だとなれば、やめれば良いだけの話です。お店側もそれ前提でシステムを導入していますので、何も恥ずかしくもないですし、迷惑でもありません。

この業界では体験入店がある事はお客さんもある程度解っていますので、基本的には未経験で接客してもさほど問題ありません。お水の場合は先輩の嬢が隣にいてくれるでしょうし、風俗の場合はスタッフさんが事前に一連の流れを教えてくれるはずです。まずは言われた通りにやってみましょう。自分なりのやり方を構築するのは、仕事にある程度慣れてからです。

面接と体験入店が終わった後に、続けられそうかどうかを良く考えて決めましょう。できる事なら体験入店の日に、既にお店で働いてる先輩女性の意見も聞ければ最高ですね。本当に働いて大丈夫なのか、もう今までの生活に戻れないかもしれないけど後悔しないか、そういった事を踏まえての最終判断です。あるいは幾つかのお店を同じように面接や体験入店してみるのも良いでしょう。どちらにしても甘くない世界なので、働くならきちんとお店のルールを守ってイチ社会人としてしっかり働く事が大切です。