働く前の心の準備

 カテゴリー: 知っておくこと

風俗やキャバクラで仕事をしている人に「仕事を始めたきっかけは?」という質問をしたら、ほとんどの人が「お給料が良いから」という風に答えるでしょう。実際にそうしたアンケートをとっている業者もたくさんあります。もちろん高いお給料が欲しいから風俗やキャバクラで働くのは悪い事でも何でも無いですが、未経験の人が「給料が高いから」と言って安易な気持ちで始めるのは正直オススメはできません。

お水の仕事ならまだしも、風俗の仕事は言うなら「自分の体を売る」という事です。自分の体は当然一つしかありませんし、昼間の時間に一般企業で働いている人に比べて間違いなく悪影響が出ます。なので働く前の心の準備として大切な事は、自分の中での目標とルールをきちんと決めるという事です。

「一週間で働くのは●日まで」「一日の勤務時間は●時間まで」「貯金が●円になったら仕事を辞める」「学業や本業を優先にする」といったルールをしっかり決めましょう。もちろんお金に関しても決め事を色々と作るべきですが、それはまた別ページで記載します。逆に厳しい言い方をするなら、自分で決めたルールが守れないなら、この業界で働く事には向いてないという事です。風俗の仕事もお水の仕事も、一生でできる仕事ではありません。きちんと割り切って仕事をしないと、後で自分の首を締める事になります。

もう一つ覚えておかなければいけない事は、風俗嬢もキャバクラ嬢も接客業であるという事。つまり、自分は決してお客さんを選べないという事です。どんなに嫌なお客さんでも笑顔で会話しなければいけません。生理的に無理な男性とでも性行為をしなくてはいけません。気を抜く事はあっても、手を抜く事はできないという事です。それが嫌で仕事を続けられなくなってしまう女性も多いので、あらかじめ覚えておきましょう。