お金の管理

 カテゴリー: 知っておくこと

続いてはお金に関しての問題です。風俗やお水の世界を経験した人の多くは、金銭感覚が狂ってしまうと言われています。自分は大丈夫と思っていても、お金の魔力に勝てない人がほとんどです。生活水準を一度あげてしまうと、そう簡単には戻れない事を覚えておきましょう。

例えば、月給18万円だったOLの仕事を辞めて、キャバクラで働き始めたとします。調子良く稼げて、半年経つ頃には月給50万円になりました。そこで今まで住んでいた家賃6万円のアパートから、家賃12万円の賃貸マンションに引っ越しました。
もうお解りだと思いますが、これは一番やってはいけない事です。風俗やお水の世界は、将来的な保証はどこにもありません。明日お店が無くなって無職になるかもしれません。一般企業なら退職金や系列会社への移動があるかもしれませんが、風俗やお水にはありません。業界から足を洗って普通の仕事に戻るにしても、月給はまた18万前後に逆戻りです。かといって家賃は下がりませんし、解約して引っ越すとなると余計にお金がかかります。それならばまた同じお水の業界か、あるいは風俗に・・・。なんて事になって、ずっと抜けられません。

大切なのは、お水や風俗業界で働く前の生活水準を保つ事。一定の生活費を算出して、それを超える分のお金には手を付けない事です。ある程度の自己投資は仕方ないにしても、食費や家賃や雑費は極力変えないようにしましょう。例えば「20万だけ手元に残して残りは全て貯金!」などが確実です。そういうルールが決められない人、守れない人は、転落の道をたどる一方です。覚えておいてください。

世の中の人はみんなお金に関しては敏感です。風俗やお水で働いている事を隠していても、あまりに羽振りが良い事から疑われてしまうケースもあります。高価な服や装飾品、あるいはネイルや髪型からバレてしまう事もあります。幾ら収入を手にしても、日常生活はできるだけ業界で働く以前と変えないようにしましょう。