ピンサロでのお仕事

 カテゴリー: 仕事の注意点

女性が手と口でサービスするお店「ピンクサロン」の事を略してピンサロと言います。ピンサロの売りは、とにかく安くサクっと気持よくなれる事。お金を掛けずに早く抜きたい若者が多く、風俗の入り口としても知られています。

ピンサロは風俗店の中でも過酷な仕事として知られています。法律的には飲食店と言う位置づけになっていますので、基本的には店内にシャワーはありません。おしぼりで体や性器を拭くとはいえ、衛生面での問題がまず気になります。夏場は臭いがキツい事もあるでしょう。1人当たりの男性客と接する時間は20分~40分。時間内はトークの時間は短く、時間内のほとんどはうずくまって男性器と向き合う事になります。ましてピンサロは回転率が重要で、1人の男性客との相手が終わったらほどなくしてまた別の男性客の相手をしなくてはいけません。インターバルの時間は長くありません。

ピンサロの場合は給料形態はほとんど時給です。それに加えて自分が取れた指名料が貰えるという仕組みです。時給は2.000円~5.000円とそれほど高くなく、指名料もピンサロ嬢の取り分は1.000円~2.000円です。ピンサロは店内が暗いので、男性客と顔をジックリ見合わせる事は比較的少なめ。その為、それほど容姿端麗でなくても働けるという面があります。それなら、容姿が業界で並以上であればヘルスの方が給料面や仕事のキツさの面でオススメできるかもしれません。

ピンサロの場合でも働く事に大してのリスクは他の風俗店と一緒です。家族や知り合いにバレる可能性は常について回ります。キスや性器に触れる事で病気のリスクは避けられません。ましてシャワーなしなので衛生面の問題も。不特定多数の男性に代わる代わるに体を触られる事の精神的苦痛など。ピンサロで働くなら、あくまでも無理のないシフトで仕事を組む事が重要です。